多趣味にーさんの流儀

趣味がいっぱいあって何が悪い。「好きなことができない人生なぞ塵芥である」がモットーの独身男の迷走ブログ。

はじめてのヤフオク出品奮闘記【初心者向け】中編

※この記事は中編となります。もしよければ以下の【前編】からお読みください

landscapewithmotorcycle.hateblo.jp

 

 では続きを書いていきますね。

実は出品手続きはアプリで簡単にできた

ヤフオク!ヘルプ - オークション出品で出品するには(出品の流れ)

出品方法には大きく分けて2つのやり方があると思います。

  1. PCからヤフオクにアクセスして出品
  2. スマホタブレットアプリから出品

私の場合、こういうのって写真とか載せるとPCにコピーするのめんどくさい!

って思うので、試しにアプリでやってみましたが、思ったより簡単でした。 

手順としては写真撮る→説明文書く→その他もろもろ設定→出品です。

「出品する」を押してスタート!(以下、画像は自前のiPadアプリのものです)

f:id:tsutchie723:20170218120241p:plain

1.出品するものの写真を撮る

出品するを押したあとこの画面になりますのでまずは「写真」を3枚撮りましょう。

f:id:tsutchie723:20170218120420p:plain

 撮る写真は、適当に3枚撮るより「商品説明の代わりになる」ものにしましょう。

そうすることで、画像で視認できる情報は、商品説明欄で、ある程度省略できます。

私がおじさんに教わって意識した3枚は以下の通りです。

  1. 内容物一覧がわかる全体写真(これをメイン写真にする)
  2. 傷や汚れが目立つならそのズームアップ画像(一番ひどいところだけでよい)
  3. 梱包イメージ画像(箱に入れた感じの画像)

物によっては毎回この3枚で構成しない場合もあるかと思いますが、基本として

この画像を準備できれば、ほとんどの落札者は安心できると思います。

 

次は商品カテゴリの設定ですが迷わないと思うので割愛します。

 

2.商品説明の記入

商品説明の記入については、定型的に書くことが多いためテンプレがあります。

文章を書くのが苦手な方はこれを選択して利用するといいでしょう。

f:id:tsutchie723:20170218121654p:plain

私の場合は以下を基本として記入しています。(中古品前提の記入です)

  1. (覚えていれば)いつ頃購入して、どのくらいの期間使ったのか
  2. ガジェットであればスペック、アパレル製品等ならサイズなどの詳細
  3. 落札者に送付する内容物一覧(一部欠品があれば必ず書く)
  4. 傷や汚れ、動作不良などがあるか(あるならその箇所を明記)
  5. 配送料は落札者負担なのかどうか
  6. ノークレームノーリターンをお願いする
  7. トラブル防止の為、出品者側で取引停止を判断する場合があること

これだけあればひとまずは大丈夫かと思います。

 

3.価格、個数、商品の状態

続いては、販売形式、価格、返品不可かを設定していきます。

f:id:tsutchie723:20170218122716p:plain

ほとんどの方が「オークション形式で出品」をすると思いますが、

即決価格のみで取引したい場合は、「定額で出品」を選んでください。

 

一応解説すると、オークション形式は、設定した出品開始時の金額から落札者が

競り合って最終的な金額が決まります。これは1円から設定できます。しかも、

安く落札されるのが嫌な方は、最低落札額(有料)が指定できるので、ある程度、

これくらいの値段で売りたいなと言う方も安心です。

 

私の場合は、最低でもこれくらいで売れてほしいなと思う金額を開始価格に設定し、

できればこの値段で売れてほしいな、と思う金額を即決価格に入れています。

この場合、本当に欲しい人たちで入札合戦になった場合、即決価格を押してくれる

人もいるので、早くて良い取引になる確率は高いです。金額を設定する前に、

「商品の落札相場を見る」が参考になるので、必ず確認しましょう。

 

その後、商品の状態が中古なら中古に設定し、返品不可なら忘れずに設定しましょう。

 

4.終了日時の設定

終了日時設定は、ヤフオクの出品で重要なところの1つです。

f:id:tsutchie723:20170218124033p:plain

終了日時は出品者によって様々ですが、発送時期を考えて設定すると良いです。

ちなみに開始から終了までの日数は長い期間は設定できません(最大1週間程度?)

私は初めての出品は3日程度にしました。ただ、正直日数はどうでもよいです(笑)。

 

大事なのは終了時間です。

世の中の人は、日中は学校や仕事なので、夜間に終わるように設定しておくと、

晩御飯やお風呂を済ませてまったりしているところにゆっくり入札ができるのです。

個人的には、(おじさんから教わったけど)21〜22時くらいがベストです。

 

さらに、自動延長と早期終了の箇所はONにしておきましょう。

特に自動延長は大事です。終了時間が近く(大体1時間〜30分前)になると、

静観していた人たち(ウォッチリストに入れてた人たち)が入札合戦を始めます。

私も残り5分くらいで入札合戦が始まり、結局終了時間が15分以上のびました。

ヤフオクにおいて、終了間近の入札合戦はよくあることなので、自動延長は、

忘れずに設定しておきましょう。

 

5.支払い、配送について

 ここはさくっといきますね。

f:id:tsutchie723:20170218130236p:plain

落札詐欺を防ぐため、必ず代金は落札者先払いに設定します。

また、支払い方法はほとんどの方がヤフーかんたん決済を利用すると思いますが、

中にはそうでない方もいるので、別途、銀行振込で口座を持っている銀行名を追加

しておくとよいでしょう。

※ちなみに余談ですが、送料負担を出品者にしておくとウォッチしてくれる人が増えるかもしれません。

小技ですが、送料込みの値段を設定して出品者負担でやるとお互いWin-Winですね(笑)

 

6.入札者制限

入札者制限ですが、最初のうちは、何も考えず全部ONにしておきましょう。

f:id:tsutchie723:20170218130954p:plain

悪い評価が多い人や、怪しい落札者とのトラブルを避けるための措置です。

 

7.いざ出品

ここまで設定が終わったら次回出品のために下書きを保存しておきます。

確認画面に進み、プレビューで漏れがないかなど確認したら潔く出品しましょう!

その後は終了までアクセス総数やウォッチリスト数を見て2828して待ちましょう。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

落札された後の対応に関しては次の記事で。。。

 

(つづく)