多趣味にーさんの流儀

趣味がいっぱいあって何が悪い。「好きなことができない人生なぞ塵芥である」がモットーの独身男の迷走ブログ。

【安物買いの銭失い】バイクにハンドルブレースをつけようと思ったら失敗した

自分は、バイクのハンドルにいろいろ付けています。

スマホホルダーやドリンクホルダー、あとはUSB接続用の端子など。

 

で、最近「ハンドルブレースバー」というものがあることを知ったので、

これは便利だ!付けてみようとなって、ネット通販で探してみたわけです。

 

 こういうやつです。

かっこいいし、おしゃれですよね。 

 

でもちゃんとしたやつは、ちょっと高い。

だから、自分はとりあえず安いやつでいいかなと思ってこういうのを買いました。 

 

これが失敗でした。・・・では、何が失敗だったか?

新品なのに傷がついてた?初期不良で壊れてた?・・・いいえ、そうではないです。

 

注目すべきは買ったハンドルブレースと最初に挙げたハンドルブレースの端に注目。

・・・そう、買った方は端の穴部分が開かないように固定されているのです。

いざ設置しようとハンドルにあわせたら通らないことに気づいたのです。

ふんぬー!ってこじ開けようとしましたが、びくともせず。

もちろんハンドルにも通せず、傷もつきそうだったので断念しました。

 

衝撃で「うわああああああ」ってなりました。当然ですよね。

で、おバカなりに調べたら、同じく失敗した人の記事やら動画やらがヒット・・・。

無理やりこじ開けて付けた人もいるようですが、自分にはむりでした・・・。

 

ケチらないでちゃんとした端が固定されてない開閉できるやつを買おうと思いました。

 

以上、ただの失敗談でした。

freetel RAIJIN 雷神のレビューその2

前回のレビューから少し時間が経ちました。

ちょいちょい見てくださる方がいるようで、

あれからまた、気になる点が出てきたので

補足レビュー的なものを載せてみます。

 

今回はライダー視点での評価となります。

ナビアプリなどをよく使う方は、是非参考

にしてみてください。

 

今回のレビューのポイント

  • GPS性能って実際どうなの?
  • メモリ4GBはホントに活かされてる?
  • バッテリー5000mAhはすごいの?

 

GPS性能について

まず今回、性能を比較するにあたって、

所持しているiPhone7とiPad Air 2の体感を

参考にしています。あくまでも体感です。

 

検証環境
  1. 雨天または曇天状態でのツーリング
  2. 市街地または家屋が少ない農村地帯
  3. 車通りの多い道路、少ない道路
  4. 山間部、平野部
  5. iPadはタンクバッグ
  6. iPhone7と雷神はハンドルマウント
  7. Bluetoothイヤホンで音楽鑑賞と併用
  8. ナビアプリはGoogleとYahooカーナビ

 

検証結果

結論から言うと、iPhoneiPadのほうが、

しっかり位置情報をつかんでおり、開始地点

から目的地までとくになんの違和感も無く

利用できました。

 

逆に雷神の方は、空模様の影響もあるかも

しれませんが、いきなり位置情報が不安定

になり、走行中の道路の隣の道路を走ってる

ような判定だったり、ただの真っ直ぐな道路

を走っていても自車アイコンが止まり、

しばらく動かない状況が多発しました。

 

とにかく位置情報がつかめないで画面が

錯乱(笑)しているような動き、という印象。

おかげで見知らぬ地で結構ルートを間違え、

タイムロスしたのも少なくありません。

 

何回かナビを晴れの日に使用しましたが、

今までこんなことはほとんど無かったので、

結構びっくりしましたね。

 

改めてしらべて見ると、世間的にも

あまり良いと感じてる人は多くはない

ようですね。

 

メモリ4GBは活かされてるか

これも、通常であれば問題ないでしょう。

ただし、個人的にはそう言いきれません。

なぜか?

 

特にアプリを多重起動していないのに、

最適化アプリが、メモリいっぱいなので、

解放しろ、と言う通知がよくくる。

結局最適化アプリも削除しましたが。

 

あと純粋にCPUが非力なのもあり、

処理能力が低いせいで、メモリを活用する

までも無く、アプリが停止などの状況が

多い気がします。これなら別に2GBとか

にしてもっと安く売っても良かったかなと。

 

日本のスマホASUSHuaweiに遅れを

とっている理由が分かった気がします。

 

前記事でも載せていますが、私はスマホ

ゲームや動画は全く利用しません。

それでこの感触ですからね。。。

 

バッテリー5000mAhはすごい?

これも結論だと、そんなにすごくないです。

すごくない理由ですが、確かに他のAndroid

よりは容量は多いですが、待機中の減りも

結構早い気がします。

 

これもメモリ監視アプリをいれてみたら、

特に消費の激しいアプリはありません。

なので原因としては、今は不明ですが、

待機中にほとんど減らないiPhoneとは

全く違った結果になりました。

 

バッテリーの減りが早いから、容量を

多くしたと言えばそれまでですがね。

 

まとめ

追加でレビューをしてみましたが、

総合評価としては、購入当初よりも

下げざるを得ないですね。

 

当たり前ですがiPhoneの凄さを改めて

思い知った感じがしました。

 

 

【ヤフオク初心者向け】フリマ出品?オークションとの違いは?

ヤフオクでフリマ出品ができるようになってました。

最近、久しぶりに断捨離をしようとヤフオクのページに行ったら・・・

あれ・・・「フリマ出品」とな!?こんなのサービス開始してたんか!?

へーなるほど・・・というわけで、名前から大体はイメージできましたが、

備忘録も兼ねて今一度おさらいしてみます。

 

フリマ出品の特徴 

会員登録 Yahoo!プレミアムに登録しなくても出品できます。
落札システム利用料 出品時のYahoo!プレミアムの登録状況により落札システム利用料が変わります。
出品不可カテゴリ 個人では出品できないカテゴリ
料金体系が異なるカテゴリ
・自動車、オートバイ > 掘り出し中古車
・その他 > アダルト(iOS版アプリからの出品のみ)
個数 1個
開催期間 7日間(時間指定不可)
決済方法 Yahoo!かんたん決済(代金支払い管理サービス)のみ
送料 ・送料負担を「落札者」にする場合は、出品時に送料を入力する必要があります。
・着払いは設定できません。
配送方法 1種類
海外発送 設定不可
入札者評価制限 あり
入札者認証制限 なし
自動再出品 設定不可
有料オプション 設定不可

ヤフオクヘルプページから引用

オークションと違う点を簡単にまとめると

  • 出品価格が固定(いわゆる即決取引価格のみ)
  • プレミアム会員じゃなくても出品できる(地味に嬉しい)
  • 出品不可なカテゴリがある(上記表参照)
  • プレミアム非会員は落札システム利用料が10%もとられちゃう
  • 最初の購入希望者が現れた時点で終了
  • 全てヤフーかんたん決済のみの取引だから安心

あれ?じゃあオークション形式の即決価格で出品すればいいのでは?

と思ったら、フリマ出品のページにこんなことが書いてありました。

FAQ:オークション出品で「即決価格」で出品するのとどう違うの?
フリマ出品は出品時の設定項目を一部固定または制限することにより、初心者でも出品   しやすいようにできています。

・・・なるほど、つまりいきなりオークションは抵抗ある人のためなんですね。

気軽に売りたい人のためのサービスということなのかー。

 

その他は取引ナビを使うところとか、出品者と落札者のやりとりの流れは

一緒のようでした。とりあえず試しにポンと出品したい人にはいいかもしれませんね。

フリマ出品のページには、「フリマ出品で出品するには」や「出品後」などの、

わかりやすい解説もありますので、参考にしたい方はどうぞ。

 

FREETEL RAIJIN(雷神)を購入して3ヶ月以上たったのでレビューしてみる

2017年2月1日にFREETELから発売された雷神というスマートフォン

 

私的には、スペック、コスパもさることながらその大容量電池にかなり魅力を感じ、

ガジェット好きとしての血が騒ぎ、即購入を決めたモデル。色はもちろんブラック。

 

使ってみて、良い点悪い点がわかってきたので、ちょっとしたレビューをしてみる。

 

まずは、スペックのおさらいから。(公式から一部引用してます。)

個人的に重要視している箇所だけ載せてみました。

RAIJIN(型番:FTJ162E-RAIJIN)

カラー シルバー / マットブラック / マットネイビー(ブルー)
OS Android 7.0 Nougat
ディスプレイ 5.5インチ / 1920×1080(Full HD)
IPS / Gorilla® Glass 3 / 10点マルチタッチ
CPU MT6750T Octa Core (4x1.5GHz + 4x1.0GHz)
メモリ RAM:4GB
ROM:64GB
外部メディア規格:MicroSD / Micro SDHC / Micro SDXC
外部メディア最大容量:Micro SD 2GB / Micro SDHC 32GB/ Micro SDXC 128GB
カメラ メイン:1,600万画素
サブ:800万画素
バッテリー 容量:5,000mAh
取り外し:不可
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n 2.4GHz&5GHz

 

良かった点

何と言っても発売のタイミングですでにAndroid 7.0に対応しているのはデカイ。

そして、手が大きい私にはピッタリの5.5インチの大画面(しかもフルHD)。

IPSな上にゴリラガラス3なのも大きいですね。(簡単に言うと丈夫なガラス)

 

私個人がAndroidスマホを買うにあたって重視している1つが、RAM。

最低3GB以上はほしいのですが、雷神は見事に合格点。

そうそう重くなることはなく、メモリ解放アプリも使った場合、

50%以上もメモリの空きがでるほど余裕がありました。

さらに、ROMがデフォルトで64GBなのも嬉しい誤算でした。

(まぁ写真データとかはSDやクラウドに即移動させるんですが)

 

私はくいしんぼさんで、よく外食したときに料理の写真をSNSに上げるので、

メインカメラの画素数もかなり好印象。

 

ちなみに別記事からの引用ですが、雷神で撮影したもの↓

若干のサイズ圧縮はありますが、すごくきれいに写ってますね。

 

あとは、何と言ってもバッテリーの持ちがすごい。

平日、特にLINEとかもやりとりが少なく、昼休憩でニュース見るくらいですが、

仕事終わって定時で帰るときにまだ80%以上残ってます。

この持ちようはほんとにすごいと思いました。

 

あまり良くない点

数ヶ月以上使ってて思ったことは、個人差もありますが、ネット通販とかで

何故かサードパーティ製のカバーなどが少ない(手帳型はいっぱいあるけど)こと。

せっかく人気のモデルなのになぁとちょっと残念でした。ぜひ増えてほしいですね。

 

あと一部アプリとの相性が悪い可能性があります。

私が今使ってて、よく陥る現象はLINEでの入力中に起きます。

文字だと伝わりにくいですが、フリック入力中だと通常は、

文字が1つずつ反映されていきますが、私の場合、なぜか反映しないときがあります。

メッセージ欄は空のままなのにキーボードのエリアは入力している感触があるという、

謎な現象がありました。LINEを完全停止して再起動させると直ったりするので、

??な感じです。もしかしたら初期不良なのかなぁ?

 

あと、人によっては割りと大事なことかもですが、デフォルトのホームアプリ、

いわゆるランチャーがかなり使いにくい。また、FREETEL Keyというのがあり、

よく使う項目的なものにクイックアクセスできる四角いマークが画面に常駐する

んですが、これが、、、まぁ邪魔なこと。。。

なのですぐさま設定でオフにしました。

 

また、私は設定をよくいじるので、画面外上部から下方向に指をスライドさせると、

大体のAndroidは設定画面につながる画面(Wi-FiとかBluetoothとかライトとかでるやつ)が表示されますが、なんとこの雷神、、、出ません。

どうやって出すかというと実は下からスライドします。

たまにまだ間違えるんですよね。。。(ここは個人差がありそうですね)

 

さらにBluetoothですが、相性もあるのかもしれませんが、私はバイクに乗るときは、

インカムをつけて会話したり、音楽きいたり、ナビを聞いたりするんですが、

まぁこのインカムとのBluetooth接続の相性が悪い悪い。なかなかつながらないので、

諦めて、今は、8インチのタブレットのほうに接続しています。

5000mAhのバッテリーに期待して買ったのって、これが一番の理由なんだけどな。。。

 

Wi-Fiについても、acに対応していないので、部屋内でWi-Fiを飛ばしている方は

特に心配いりませんが、壁とか気にする人にはちょっとマイナスポイントですね。

 

さらに、よく聞くのが指紋認証の反応速度ですが、これはあまり良くないです。

体感で0.7秒以上くらいで解除される上に、

認証性能もよくなく、何回もリトライして、

ようやく解除されたりします。

ここはかなりマイナスポイントになので、

指紋認証が重要な方はお気をつけください。

 

まとめ

というわけで、簡単ですが、良い点と悪い点をいろいろと書き綴りましたが、

あくまで私個人の印象という部分もあるので、参考程度としてください。

まぁちょっといいスペックのスマホを普通に使いたい人にとっては、

とてもいいスマホなのでおすすめです。

ちなみに、スマホゲーをほとんどしないので、それ目的で考えてる方は、

必要スペックなどをご自分で調べてから購入をご検討ください。

 

 

 

 

GWを利用して八幡平に行ってきた【その2】

 この記事は下記記事の続きですので、よければその1からどうぞm(_ _)m

landscapewithmotorcycle.hateblo.jp

 

ここから続きです。

 

動物とお花を満喫した我々は、いよいよ今回の目的地であるアスピーテラインへ。

 

ナビに従って走っていると、徐々に上り傾斜がきつくなってきて、

アスピーテラインに入ったのだとわかりました。

 

とりあえず雪の回廊のそばでバイクを横付けして写真をとりたかったので、

いい感じの直線で撮影。

 

これこれ、こういうのが撮りたかったのです。(もっと壁が高いところはありました)

 

そして、またしばらくのぼって、頂上付近にもたくさんの人がいたので撮ってみた。

 

自転車でのぼってる人たちが結構いたんですが、足パンパンになりそうですね。

純粋にすごいなと思いましたよ。体力と根性的な意味で。

 

開通したばかりということもあって、かなり雪が残ってました。

 

今回は、そのまま近くの民宿で一泊をし、翌日もう一度アスピーテラインを通って、

帰路につきましたが、あいにく6日は雨で、頂上付近はもや(というか雲の中?)の

中をおっかなびっくり走りながら、途中の温泉に入って帰ってきました。

 

こればかりは仕方ないですが、帰りも撮影しながら帰りたかったなー。

 

バイクの運転にもだいぶ慣れてきたので、次はどこへ走りに行こうか考え中です。

 

ちなみに、雨の中走って帰ってきたので、バイクが泥まみれでしたが、

自宅についた頃には、天気も回復したので、洗車をして荷物片付けました。

 

そのあと、ちょっと仮眠をしたのですが、仮眠どころか、その後12時間後に

起きてしまったのは、また別のお話。

 

GWを利用して八幡平に行ってきた【その1】

 以前から、ツーリングで行ってみたかった八幡平アスピーテライン。

 

今回のGWは、有給休暇を使って11日間も取得できたので、日程も余裕だなと

思っていたら、まさかの前半と中盤が別な予定がぎっしり。。。

 

というわけで後半ギリギリの5/5〜5/6の一泊二日でなんとか行ってきました。

今回は下道でのんびり行くのと、ほとんど途中まで一本道なので、道中の駐車場で

一緒に行く友人と朝7時に待ち合わせ。

 

そしてなんやかんやあって(途中ほんとに写真スポットがなかったw)、

八幡平市の市役所?的なところの駐車場でのんびりしつつ作戦会議。

 

きれいなお花が見られたり、アルパカなどの動物が見られたりするというので、

まずは、サラダファーム&フラワーガーデンというところに行ってみました。

 

サラダファームでは、いろいろな花が販売されていた。(写真はタニクちゃん)

 

まだ桜の残る道路沿いと岩手山

 

ポニーもいました。(客が多すぎて近くで撮るチャンスがなかった)

 

そしてアルパカ。この子はずっと微動だにしなかった。

 

奥にもいるんですよ。

 

このポニーはずっと草を求めて、柵の外側の生えてるところに必死で舌を伸ばしてたw

そのあとおもむろに、お小水じゃばじゃばタイムもありました。

 

チューリップ畑。他にもいろんな色がありました。

 

チャーリー・ブラウン顔のウサギさん。

 

ハリネズミとリス。

 

おとぎの国への入り口チックな通路。

 

石窯で焼きたてのピッツァ。(でも冷凍のやつをバイトが焼いてた)

 

やはり、ツーラーとしてはソフトクリームは外せない。でもバニラ以外売り切れ。

 

そんなこんなで満喫して、いよいよアスピーテラインへ。

 

(その2に続く)

【落札システム利用料とは】ヤフオク出品が楽しすぎて私が失念していたこと

ヤフオク初心者である私が、ハマりにハマってもう1ヶ月程たちました。

ちなみに、断捨離を兼ねているので出品のみで落札は一度もありません。

 

ただ、最近かなりショックを受けた事件があったのです。

 

それは・・・

 

落札システム利用料」が発生すること

 

よく考えたら、そりゃそうですよね〜。ヤフーはそれで儲けてるんでしたわ・・・。

 

こちらの記事にも登場しますが、私のヤフオク知識は会社のおじさんが全て(笑)

聞いてないから教えてもらうはずもないので、もちろん知りませんでした!

landscapewithmotorcycle.hateblo.jp

 

ちなみに、ITガジェット系を中心に4品ほど出品しましたが、

合計で手数料が約6000円ほど。

 

格安な居酒屋2件くらいはしごできるじゃないですかやだー。

となったので、あらためて落札システム利用料について調べてみました。

 

ヤフオク!ヘルプ - 落札システム利用料について

このページをみると、特定カテゴリを除き、送料負担が落札者の場合、

  • 625円以上のオークションは落札価格の8.64%(税込)
  • 624円以下のオークションは54円(税込)

を負担しなければならないということですね。

ちなみに、出品者が送料負担の場合も8.64%とのことです。

さらに後述しますが、624円以下のオークションについても料金改定がありそうです。

 

つまり、1000円で落札されたものは86円ほど手数料として取られるというわけです。

入金されるのは914円というわけです。

私はもちろんそんなことを知らずに出品していたので、手数料分損をした気分に。。。

 

これからは、出品時は手数料も考慮した落札価格設定(常識の範囲で)を

心がけようとおもったのでした・・・。

 

※ちなみに、落札システム利用料のルールが変わるようです

Yahoo!かんたん決済の仕様変更および落札システム利用料の一部値下げについて(更新) -お知らせ - ヤフオク!

その1

2017年3月16日(木)午前0時00分以降に終了したオークションより、商品代金(落札価格と送料の総額)から落札システム利用料(落札価格の8.64%(税込))が差し引かれ、これをもって落札システム利用料のお支払いが完了します。 

→つまり、かんたん決済で相手が入金をしたとき、ついでに落札システム利用料も

差し引いて振り込まれるよっていうことですね。こっちのほうがわかりやすい!

 

その2

決済方法に関係なく、2017年3月16日(木)午前0時00分以降に終了したオークションより、落札システム利用料の最低利用料(54円)を廃止し、以下のとおり改定いたします。変更前後の違いは、下記をご確認ください。

【変更前】
落札金額が624円以下で、送料を落札者が負担する場合、落札システム利用料は一律54円
※送料負担が出品者の場合と一部のカテゴリは8.64%(詳細

【変更後】
落札金額が624円以下で、送料を落札者が負担する場合、落札システム利用料は落札価格の8.64%

 

→つまり一律54円だったけど、500円だった場合は、

<計算方法>
 ・料率(8%): 500円 × 8% = 40円
 ・消費税: 40円 × 8% = 3.2円 → 3円(小数点以下切り捨て)
 ⇒落札システム利用料: 40円 + 3円 = 43円(税込)

で54円じゃなくて43円で良いってことですね。やったー!